高原育ちの和牛の逸品
信州の和牛

 

奥信濃ものがたり。
 信州は、太古の昔から畜産の盛んな国でした。清流と山陵に仕切られた大地には古代朝廷の直轄牧場が置かれ、官牧三十二枚のうち実に十六枚が信州にあったといわれています。
 やがてその大地には、桑や稲とともに、りんごが豊かに実るようになりました。
 このりんごを食べさせると良い牛が育つことは、昔から奥信濃で広く知られていました。その伝統を優れた技術によって現代によみがえらせたのが「信州牛」なのです。
 厳選した和牛を特製のりんご入りの飼料で丹念に育てた信州牛は、一般の牛肉に比べ旨味のもとアミノ酸や体にやさしいリノール酸を多く含むとともに、独特の芳香と素晴らしい色合いを兼ね備えています。
 また、信州牛の高い品質を保持し、安心して召し上がっていただけるよう、生産から処理加工、販売に至るまで一貫したシステムにより皆様のお手許にお届けしています。
 牛肉の最高傑作「信州牛」、是非一度ご賞味下さい。

〜信州牛生産販売協議会の紹介記事より〜



このページを作成するに当たって協力していただいた方に感謝申し上げます!!

資料提供